ステンレススチール,/groupageness681177.html,フランスパン,関の刃物,赤合板ハンドル,(255mm),キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 包丁・ナイフ , パン切り包丁,食パン,パン切り包丁,ケーキなどに最適,1190円,国産日本製,右利き用,Fujimi,切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁,sto23.com,25.5cm,柔らかいパンを切りやすいように波形の刃,420J2 1190円 関の刃物 パン切り包丁 25.5cm (255mm) Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 食パン フランスパン ケーキなどに最適 右利き用 国産日本製 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 包丁・ナイフ パン切り包丁 1190円 関の刃物 パン切り包丁 25.5cm (255mm) Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 食パン フランスパン ケーキなどに最適 右利き用 国産日本製 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 包丁・ナイフ パン切り包丁 関の刃物 パン切り包丁 25.5cm 255mm Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 ケーキなどに最適 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 国産日本製 右利き用 安心の定価販売 フランスパン 食パン ステンレススチール,/groupageness681177.html,フランスパン,関の刃物,赤合板ハンドル,(255mm),キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 包丁・ナイフ , パン切り包丁,食パン,パン切り包丁,ケーキなどに最適,1190円,国産日本製,右利き用,Fujimi,切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁,sto23.com,25.5cm,柔らかいパンを切りやすいように波形の刃,420J2 関の刃物 パン切り包丁 25.5cm 255mm Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 ケーキなどに最適 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 国産日本製 右利き用 安心の定価販売 フランスパン 食パン

関の刃物 パン切り包丁 25.5cm 255mm Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 ケーキなどに最適 美品 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 国産日本製 右利き用 安心の定価販売 フランスパン 食パン

関の刃物 パン切り包丁 25.5cm (255mm) Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 食パン フランスパン ケーキなどに最適 右利き用 国産日本製

1190円

関の刃物 パン切り包丁 25.5cm (255mm) Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 食パン フランスパン ケーキなどに最適 右利き用 国産日本製












商品詳細
ブランド:Fujimi
アイテム名:パン切り包丁(片刃)右利き用
数量:1本
製造元:岐阜県関市

サイズ
全長:約375mm
刃部:約255mm
柄部:約120mm
刃幅(刃元部):約23mm
刃厚(峰刃元部):約1.5mm
重量:約115g

材質
刃部:420J2 ステンレススチール
柄部:赤合板(素材は天然木ですので個々に色、柄が異なります)

商品状態:新品・未使用

関の刃物 パン切り包丁 25.5cm (255mm) Fujimi 420J2 ステンレススチール 赤合板ハンドル 柔らかいパンを切りやすいように波形の刃 切断面近くの組織をつぶさないように刃厚が薄く幅が狭い片刃包丁 食パン フランスパン ケーキなどに最適 右利き用 国産日本製

インフォメーション

2020年度実績
5,646
2021年度実績
3,819
リフォーム・・・
2,493
塗装工事・・・
186
下水道工事・・・
1,140

( 2021年1月〜8月末現在 )

以前お付き合いしたお客様からの
リピート率が高いのが、創研の特徴です。

こんにちは。社長の鈴木 優です。

リフォームを考えるお客様は、
まず「どのリフォーム会社に頼むか」で悩まれます。
このホームページをご覧になっている方の多くも、
「創研とはどんな会社か」とお思いでしょう。

このページでは、
会社の歴史と私の思いを綴ってみました。
創研という会社の一端を、
少しでもお伝えできれば幸いです。

水道の工事会社として出発した創研は、
1994年にリフォーム部門を立ち上げました。
水道工事をしていると、
たびたびお客様から「創研でリフォーム工事はできないの」と
聞かれたのがきっかけです。